2019/09/01にこのブログに引っ越しを行いました。

iPadPro12.9(初代) から iPadPro12.9(第3世代)への驚いた進化ポイント

ガジェット系

買い換えようと思っているけれど、何が違うのかわからない・・・
なので、変わった点でも個人的に驚いた点について書きます。

皆さんはiPadはお持ちでしょうか?
僕は、現在「iPadPro12.9」を持っているのですが、2015年に購入したもので
もうすぐ購入して4年経ちます。そろそろ買い替えてもいいな、と思い現行の「iPadPro」について調べてみました。

今まで4年使ってきたiPad。

iPadPro12.9初代

今使っているものは購入して間もなく4年が経つ。初代iPadPro
振り返ると、ゲーム(特にマイクラ・ガルパ・デレステ・スクフェス等)や動画視聴でハードに使っていました。(まあ今もそんなに変わり無いが・・・)
旅行なんかでも、何かと車の中・飛行機の中で動画を見るとか、旅先で家族とテレビ電話をしたり大活躍しました。メインスマホのiPhone 8 Plusもありますが、それでもiPadと比べると画面は小さいです。
また、横浜に連れて行ったこともあったし、去年は沖縄にも持っていった・・・
大事に使っていましたよ!

それでも、今まで特に故障は一度もありませんでした!
Apple製品は金額が高いけれど、高いなりにいい。

でも、最近バッテリーのヘタりを感じるようになりました。
使えないレベルでは無いのですが。。。
あと、アプリの動作(というより全体的にと言ったほうがいいか)が量販店にあるiPadと比べてしまうと、遅い

4年も使ったしそろそろ買い換えてもいいかと。思ったのでした。
12.9インチは大きかったので、次は11インチでもいいなぁ。←結局12.9を買いました。

新しいiPadはどこが違うの?(初代12.9インチ→三世代11インチ)

本体の形が変わった

まず、初代に比べ角張ったデザインに変わっています。
なんか、昔のiPhoneみたい・・・
でもなんか好き。今までのiPadのデザインは、iPhoneを大きくしたような感じだったので
こっちの方が今までとは一味違う感が出ていていいと思います!

ホームボタンが無くなったことで・・・

はい。無くなってしまいました。ついにiPhoneXのような感じになりましたね。
それに伴って・・・

Touch ID(指紋認証) から Face ID(顔認証)に変わりました。

これは手汗をかきやすい僕にとっては嬉しいです。
iPhoneでは特に夏場は、指紋認証何回もしょっちゅう失敗してパスコードで解除・・・
まあ、実際に使ってみないとわからないですが・・・
iPadと顔認証は相性がいいというレビューも見受けられました。楽しみ。

画面が大きくなりました

ホームボタンが無くなったため、画面がその分大きくなりました。
しかも、本体サイズは少し小さくなっているとか・・・
画面の周りに黒い縁がある感じになっています。

充電端子がUSB Type-Cに!!!

これはヤバイ!!!
今まではLightningでしたが、それがmacbookにも使われているusb-cになりました。

これにより・・・

超急速充電ができる

今回のiPadの場合、最大30Wまで対応しているとのことです。
今使っているiPadは付属してきた12Wアダプタで充電しています。
iPhoneは最大18W。だたし、iPhone8以降のモデルが対応)

それにより、急いで充電したい時なんかにはいいですね。
あと、充電の入力に余裕があることにより、本体を充電しながら使ってもバッテリーに負荷がかかりにくくなるのではないかと思います。(iPhoneの付属充電器だと充電していてもバッテリーが減ることがあるので・・・)
また、今使っているiPadのバッテリー容量が大きすぎて普通に充電するにもかなりの時間がかかってしまうため、充電時間が短縮されるのはかなりいいポイントだと思います。

外部画面出力がキレイに且つ安くできる

これは、今までは安定した出力をするには
高価なApple純正のアダプタを買う必要がありました。(サードパーティでもあるけど安定しなかったり、DRM対応していなかったり・・・)
Lightning端子は実は、直接映像を出力することができません。そのため、iOS機器からデジタル信号を出し、それをアダプタに変換させる処理がいるそうです。ただそれだと、アダプタに変換させるチップをつける必要がありその結果、高価になってしまいます。
しかもフルHDまでの対応でした。。。

簡単に作りました。分かりづらかったらすいません・・・

これが、USB-Cになったことにより簡単に機器間で映像信号の受け渡しが可能になりました。
その結果、画質の劣化なく、しかも映像信号は最大5K HDRまで対応可能になりました。

メリットはそれだけではありません。汎用的なUSB-Cなので、AppleのMFI認証自体がなくなりました。
そのためか、サードパーティからたくさんのアダプタが発売されています。(ありすぎてどれを選べばいいのか・・・)
んで、MFI認証を取る必要が無くなったためか安く購入が可能です。
しかも4K/60Hz対応のものが!!!

↑こんなのとか

こんなタイプもあります。好きな方で良いかと。どちらも4K60Hz対応品です。それでいて、Apple純正に比べたらかなり安くないですか!?
僕はこういうUSBケーブル系のものはAnker製をオススメします!


2019/10/06追記
上に出したケーブルですが、どうもiPadProで使用するのは考えられていないようです。
商品ページには4K60Hz対応とハッキリ書かれているのですがiPadPro対応とは書かれておらず、実際にiPadProと4K対応のテレビをこのAnker製ケーブル(HDMIとUSB-Cが一体型のケーブルタイプ)を使って接続してみたところ
4K表示にはなりませんでした・・・
1080P60Hz出力でした。(フルHD)

この場合、HDMI Alt Modeというので通信できるそうです。このモードにも色々種類があるそう・・・
その他にもアダプタ内蔵チップによって機器同士の認証が行われているらしい。

図は間違っていたらすいません・・・

供給電力が増えた!!!

今までは電力不足で動かなかったUSB機器も動かせるようになりました。
しかもiPhoneの充電もすることができるそうです!凄い。

リフレッシュレートが60Hzから120Hzに!

Appleが「ProMotionテクノロジー」と言ってるやつです。
とにかく画面がヌルヌルサクサクで目が疲れにくいらしいです。また、こうすることでApple Pencilの書き心地を良くしているそうです。ゲームでも120Hzの恩恵を受けられるのかな?
PCゲーム用モニターでもゲーミングモデルで120Hzのがありますが・・・
本当にゲーミング仕様になってきました。

ちなみに、タッチパネルにも「タッチサンプリングレート」というのがあるそうです。それも120Hzになり、より繊細で反応が良い操作感になるようです。
ちなみに、iPhone X以降タッチパネルに限り120Hzだそう。。。

結局、USB-Cすごい

このことばかり書いてしまった・・・
そのくらい良い進化だと個人的に思ってます。^^;
拡張性が一気に広がりますね!!!

他にもたくさん変わったところがありますが
全部書くと大変なので、ここまでにしておきます^^;

買ったらやってみたいこと

HDMIの外部出力を試してみたいです!
これで、今度配信される「スクスタ」や「デレステ」でライブを4K のテレビに繋いで見てみたいですね!!!

あとはiPadPro用アクセサリの「スマートキーボードフォリオ」がどんなものなのかが気になります。買ったらこれで、ブログ記事を書いてみたいと思います^ ^
あと、Apple Pencilで「Zen Brush」をやってみたい。

(僕自身スマートキーボード、Apple Pencilは使ったことがありません)

©Apple Inc.
画像をクリックするとiPadProの公式ページに飛びます。

こんなところでしょうか。
かなり書いたので今回はこの辺にしておきますね^^;

最後まで見ていただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました