You are currently viewing MOTU M4のファームウェアアップデートしてみた (2.02, MacOS)

MOTU M4のファームウェアアップデートしてみた (2.02, MacOS)

オーディオインターフェース「MOTU M4」、密かに購入しておりました。
メーカーは全く知らなかったのですが、結構古くからあるメーカーのようです。

で、先日ふと製品のサポートページを見てみるとドライバーアップデート、と思いきやファームウェアアップデーターが更新されていました。
というか、ファームウェア更新できるんかい!
そこにビックリしました。少々高いだけありますね。

というわけで、今回はファームウェアアップデートを実施してみます。
特に意味はありませんが、MacOS上からやってみます。

アップデーターのダウンロード

https://motu.com/en-us/download/にアクセスし、自分の使用している製品を選択します。
今回はM4です。

ドライバーやら、ファームウェアやら出てきます。

ファームウェアは各OSに対応したものがありますので、自分の環境に合ったものを右の「DOWNLOAD」をクリックしてダウンロードします。

「MOTU M-Series Updater.app」ファイルがダウンロードされました。元々は「MOTU M-Series Updater (Mac).zip」です。
(MacはZipファイルをダウンロードすると自動解凍される・・・??解凍前のzipはゴミ箱へ…まあ解凍、移動、削除の手間が減るから良いけど笑)

ダウンロードしたアップデーターを起動してアップデート

なんか勝手にウイルスチェック(?)されますが、開きます。

で、開くのですが何やら様子が変です。

No M-Series in update mode.」(M-Seriesがアップデートモードじゃないぜ)とのこと。アップデートモードがあるらしい。
起動方法は、その隣に書いてあり、
Hold MON on IN 2 and power on device.」(IN 2のMONを押したまんま電源を入れてけろ)とのこと。

早速やってみます。

こういうことだよね・・・?

ヨイショ。。。

おお!はじめてみる画面!
起動画面に、「Update…」の文字が出てきました。
そして、さっきのソフトを見てみると・・・

来ました!!!アップデート可能になりました。
私の持っている物は、バージョン2.00だったようです。
「Update Now」をクリックして開始します。

正確には測っていませんが、10秒ほどで終わったかと思います。

無事アップデートが完了すると、自動的に再起動されアップデートモードは解除されます。

うん、何も変わっておりません。

ちなみに、アップデート後に「Reinstall Firmware」(ファームウェアを再インストール)することもできました。
ファームウェアが破損したときにも、もしかしたら使えそうです。

Up to date!

たまーに、Mac環境でYouTubeが再生されなくなる時があるから、なおると良いなぁ。
(M4以外のデバイスに音声出力を変更すると問題なく再生される。何なんだろうか)

今日の一曲。

Kurokomario

ごく普通の社会人です。動画投稿もしてます。変だったり分かりにくいところがあっても温かい目で見ていただけると幸いです・・・

コメントを残す