You are currently viewing 【モバイル回線】楽天モバイルをセットアップした時の色々な事の備忘録(iPhone 8, iOS14.2)

【モバイル回線】楽天モバイルをセットアップした時の色々な事の備忘録(iPhone 8, iOS14.2)

こんにちは。当ブログ管理人のクロコマリオです。

先日、私の妹に中古で購入したiPhone 8をプレゼントしました。
端末は良し。あとは・・・回線。

私自身は「iPhone 8 Plus」で「au」回線を利用。
携帯禁止学校で、ほとんど外には持って行かないので大手キャリアでなくて全然いい。

であれば、このタイミングで丁度無料キャンペーンをしている、
「楽天モバイル」でいいじゃないかということで早速、契約手続きをしました。

その時に、「楽天モバイルではiPhone 8での動作確認はしていない。
使用は自己責任となる。」的なことを聞きました。
また、楽天モバイルでは物理的に端末に差し込む「SIMカード」の他に、
「e-sim」という、端末に電子的にSIMのデータを書きこんで利用できるようにするものにも対応しています。
物理的に挿入する手間が省けるし、破損や無くす心配がない後者は良いのですが、
使用する「iPhone 8」が「e-sim」に非対応なので従来のSIMカードになりました・・・

これで、端末と回線が揃いました。

「iPhone X」以前の機種の場合、そのままでは使えない!

早速家に帰ってセットアップしました!
楽天モバイルのSIMを挿入しまして・・・

うん、圏外!!!

ここまでは下調べで想定していました。。。
やはり噂に聞いていたように、iPhone X以前の端末では圏外になってしまうようです。
(逆にiPhone Xs以降であれば初期状態で普通につながるらしい。。。)

ではどうするか。

とある方法を使って、iphone 8でも楽天モバイルを電波を掴めるようにします。

このやり方はインターネットで調べると、色々出てきます。
ざっくりと言うと・・・

①必要ファイルをPCにダウンロード
②iPhoneに必要プロファイルをインストール
③iPhoneをPCに接続し、iTunesで①でダウンロードしたデータを入れる
④iPhoneを再起動させれば繋がる・・・はず

こんな流れです。

つまずきポイント

①「iTunes.exe」の場所がわからない!

手順の中に「ダウンロードしたデータをiTunesで読み込めるようにする」と言うのがあるのですが、その時に「コマンドプロンプト」を使用してコマンドを入力します。

(例)
“C:\ProgramFiles\iTunes\iTunes.exe” /setPrefInt carrier-testing 1

で、iTunes.exe(windowsの場合)を指定してあげる必要があるのです。
本来であれば「C:\Programfiles\iTunes\iTunes.exe…」てな感じであるはずなのですが見当たらない・・・

コマンドを打ってもやっぱりエラー。

調べて見たところiTunesには2種類あるそうで、
1つが従来版
・Apple公式サイトからブラウザを使ってダウンロードするタイプ
もう一つが
・Windows10に標準で入っている「ストア」App版
です。
決定的な違いは、インストール場所です。
従来版は「ProgramFiles」にインストールされるのに対して、
ストア版は「ProgramFiles」内の隠しフォルダ、
「WindowsApps」にインストールされます。

私の環境にはストア版を入れていました。
どおりで、先ほど見た「ProgramFiles」に入っていなかったのですね。

では、コマンドを変更して「WindowsApps」フォルダを参照するようにすれば良いのでは。と思われる方もいると思います。
実際私もそう思いました。

ですが・・・
ストアアプリ版はなんと!
iTunes.exeでコマンドが通ります!

“iTunes.exe” /setPrefInt carrier-testing 1

わざわざ、「”C:\ProgramFiles\WindowsApps…”」などと打たなくて&ファイルの居場所を調べなくて良いのです。。。
どうやらストアアプリはインストールプロセスで環境パスを通してくれるそうです。(コマンドのショートカット的なもの)

②設定の「モバイル通信」に別キャリア名が出てくる

設定→モバイル通信に「UQ MOBILE」の文字がある

作業が終わって開通したiPhoneを眺めていたところ、「UQ MOBILE」と言う文字が・・・
あれ・・・って思って調べて見ました。

すると、楽天モバイル向けに作られたデータをインストールしている訳では無く、別キャリアのデータを無理やりインストールしてやっているため、このようなことになるみたいです。

システムの内部的な高度な話(SIMが挿入されると…)

Rakuten MobileのSIMが挿入されると、
まずiOSに内蔵されている対応キャリア設定(各キャリアの周波数バンド・名称等が記録されたデータ)から適切な設定を検索します。
見つかればキャリア個別の設定が適応されて問題がなければSIMが認証され電波を掴みます。
適切設定が見つからない場合、大抵のキャリアは取りあえずは
繋がるはずのデフォルト設定となる、
「unknown.bundle」が自動で選択されます。
この「デフォルトキャリア設定」が楽天モバイルとiPhone 8とで、どうも相性が悪いようです。(VoLTE絡みらしい・・・)

ほとんどの方法が「unknown.bundle」を無理やり入れ替えて繋がるようにしているわけですね。

今拾っている電波が楽天なのかauかを確認する方法(iOS14.2)

電話アプリ

①電話アプリを開き、
 「*3001#12345#*」と打ちます。

「Field Test」App

②ダイヤルすると「Field Test」というアプリが立ち上がります。
 そしたら、上から3番目の「Serving Cell Info」をタップ。

「Serving Cell Info」内項目

③「Freq Band Indicator」を見る。
 ここの値が、3だったら楽天モバイル自社回線。
 18だったらauローミングだそうです。

参考にさせていただいたサイト・ページ

・麩菓子の雑記帳 – https://dagashi.pw/rakuten-un-limit-iphone-se/

・Makoto備忘録 – https://makoto-jp.blogspot.com

・しゅうのブログ – http://140.238.63.231

他にも色々調べたのですが、忘れてしまい検索で見つけられませんでした。。。ごめんなさい。。。


少しでも今回の記事が参考になれば幸いです。
まだまだ読みづらい&わかりずらい点あるかと思います。。。
なので、今後も追記・編集したいと思いまっす。(笑)
最後まで閲覧ありがとうございました。

Kurokomario

ごく普通の社会人です。動画投稿もしてます。変だったり分かりにくいところがあっても温かい目で見ていただけると幸いです・・・

コメントを残す